用途・活用例

 

マルチコプターは、ホビーからビジネスまで様々な用途でご利用いただけます。
マルチコプターの性能を発揮できる使用用途をご紹介いたします。


 

野生動物の撮影

野鳥などの野生動物の撮影にマルチコプターシステムを利用してはいかがでしょうか?
マルチコプターシステムならば、人が簡単には近寄れない場所に飛行して、遠隔操作で撮影できます。地上からの撮影では得られないアングルと視点で、とても興味深い映像が撮影できるでしょう。
また、飛行音が小さいので、野生動物や撮影場所に与える影響が少ないこともポイントのひとつです。

広告製作

空中からの写真やビデオカットを広告に使用する場合の多くは、実機のヘリコプターから撮影をしています。このような時にマルチコプターシステムの使用を検 討してみてください。マルチコプターには、プロ用のデジタルカメラも搭載でき、スタビライズ機能によりブレの少ない、安定した撮影ができます。またコンパ クトな機体と、静寂性を生かし、実際のヘリコプターでは不可能な超低空での撮影や屋内施設での撮影、被写体に近い距離での撮影も可能です。実際のヘリコプ ターの代替手段としてマルチコプターシステムを選択すれば、大幅に経費を削減し、よりクリエイティブで想像性の高い作品を製作することができます。

リゾート施設・不動産プロモーション

リゾート施設や不動産プロモーションにおいてもマルチコプターシステムの導入は低コストで費用対効果の高い方法です。施設や周辺環境などを上空から撮影して使用することで、より直感的で効果的なアピールができます。
例えば、ゴルフコースを上空から撮影した映像は、ゴルファーがコースを理解しゲームを計画をする際のよい資料です。
また空中撮影された写真やビデオをウェブサイトやパンフレットなどに使用すればより効果的な宣伝材料になります。

歴史遺跡などの調査

 考古学的な遺跡を調査・分析するための最良の方法の一つは、遺跡全体の航空写真を取得することです。マルチコプターの自動航行システムを使用すれば、サイト全体を安全かつ迅速に撮影することができます。
飛行経路と撮影ポイントを記録設定しておき、発掘の進捗に合わせて定期的に同じ設定で撮影を行えば、発掘サイトの全工程マップを生成することもできます。
また、マルチコプターシステムはクリーンで静かな電動プラットフォームですから、環境への影響もありません。

 

災害の現場調査

災害や事故が発生した時は、迅速かつ正確に状況や位置関係などを把握する必要があります。
現場に人が入れない場合、遠隔操作できる地上ロボットを使用するケースもありますが、地上ロボットでは近づくことのできない地形や周辺環境の場合はマルチコプターシステムが有効です。
高解像度のデジタル写真・ビデオ録画と、GPSを使用した高度な自動飛行システムでの正確な場所のライブビデオフィードにより、正確な状況判断を迅速に行うことができます。