マルチコプターシステム


マルチコプターは、無線により遠隔操作されるマルチローターヘリコプターです。
放射線上に4つから8つのローターブレードを配置するユニークなフレームデザインが特徴です。回転方向の異なるローターの差動推力を調整して、安定した飛行を可能にします。
マルチコプターは、産業用航空ビデオや写真撮影、教育・研究機関のためのツールとして、幅広くご利用いただけます。

 

インテリジェント オリエンテーション コントロール

通常、ラジコンヘリやマルチコプターの操縦は、常に機首の方向を基準として前進、後進、左右移動を行います。そのため、機首が操作者と対面になる場合は、プロポ操作の左右、前後を逆にしなければなりません。 インテリジェント オリエ… Read more »

ウェイポイント・自律航行システム

  データートランスミッターを接続したラップトップPC上でグランドステーションソフトウェアを使用することにより、離陸・着陸を含む自動自律飛行が可能となります。 グ ランドステーション上で、Google Eart… Read more »

エアリアルCAMシステム

  マルチコプターにカメラ・ビデオを搭載しての撮影は機体の揺れや振動の影響を受けます。 このため振動対策としてカメラマウントのフローティング構造やカメラジンバルとジンバルコントローラーを使用して、機体の揺れに対… Read more »

GPS位置ホールド機能

  当社のマルチコプターは、電子コンパス、気圧センサー、3軸ジャイロ、GPSからの情報を高速CPUにて制御するフライトコントローラーを搭載しています。 GPSからの信号を受信可能な場所では、プロポの制御スティッ… Read more »

ハイビジョンリアルタイム画像伝送

  マルチコプターに搭載したカメラで撮影した高画質なハイビジョン映像を、リアルタイムに伝送することができます。 カメラの出力(Composit,HD-SDI,HDMI)はトランスミッターから地上のデコーダーまた… Read more »

フェールセーフ&カミングホーム機能

  マルチコプターは送信機からのスイッチ指示で、離陸地点の上空へ戻り自動着陸するカミングホーム機能(自動帰還&着陸機能)をもっています。 またフェールセーフ機能として、機体が送信機からの電波を受信できなくなった… Read more »

取り外し可能なランディングスキッド

  ハードランディングによるランディングスキッド破損は、最も一般的な破損です。マルチコプターのランディングスキッドはシンプルで簡単に取り外しができる構造です。 もし破損した場合でも、ランディングスキッドのみを簡… Read more »

モジュラーデザイン

  マルチコプターはシンプルでユニークなフレームデザインです。モジュラー単位で部品交換ができるように設計されてことが大きな特徴のひとつです。従来の複雑なメカニカル機構のヘリコプターに比べて保守修理コストが大幅に… Read more »

耐久性と強度のあるエアーフレーム

  当社のマルチコプターはハイグレードなドライカーボン素材のエアフレームを採用しています。カーボン素材は高強度で超軽量、そして耐腐食性にも優れており、エアーフレームの素材として最適です。またエアーフレームは振動… Read more »

リポバッテリー

LiPoバッテリーとチャージステーション

  マルチコプターに使用する大容量リチウムポリマー電池(リポバッテリー)は、小型、軽量、高出力、大容量という優れた特性をがあります。 しかし、厳密な充電電圧、電流の管理が必要で各セルバランスを都度厳密に管理しな… Read more »

信頼性と静寂性

  マルチコプターの可動部品は、ブラシレスモーターとローターブレードのみです。 モーターとブレードのダイレクトドライブは、ギアなどの機械的な構成部品が少ないため高い信頼性を保ちます。 また、ローターの回転ノイズ… Read more »

大きな積載量

  動力源として小型軽量なブラシレスモーターと、大容量なリポバッテリーを使用することで、最大約5kgの積載が可能となります(8ロータの大型マルチコプターの場合機の場合)。 用途・目的に合わせて、小型軽量なコンパ… Read more »