Freefly ALTA

Posted on by on 4月 19th, 2015 | 1 Comment »

ALTAはCinestarシリーズの後継となる最新のシネマグラフィプラットフォームです。
高価なシネマカメラとパイロットの心理的不安を軽減するため、安全性と信頼性の向上を最優先に開発が行われました。

これまでのCineStarシリーズと同様にMoVI M5、M10、M15に、マルチコプターアップグレードキットを使用してカメラとカメラジンバルを搭載することができます。
上部にベントしたモーターアームにより、機体の水平方向の視野が大きく確保できます。

alta

ALTAはバッテリーとジンバルの取り付け位置を反転させることで、機体上部へもカメラとカメラジンバルを搭載可能です。
これにより、今まで不可能だった機体水平面より上方向の撮影が可能となりました。
画期的です!

P1000285

フレームはモーターアームを水平方向に折り畳みでき、簡単に専用のケースへ収納出来ます。
P1000264

P1000267

P1000263

撮影に必要な機材をコンパクトにケース収容でき、機動性が良いことも特徴です。
組立・収納は約5分で可能です。

P1000258

低消費かつ高効率なモーターと、折りたたみ式の18インチ大型プロペラの採用により、静かで正確な飛行を実現しています。
またMōVI M15と組み合わせた場合、最大6.8KgのRED やARRI miniを搭載行可能です。

P1000261

機体に搭載されるフライトコントローラーは、安全性と信頼性を追求したFreeflyのオリジナルです。

正確な高度制御、GPSによる正確なポジョションホールディング機能、ゴーホーム機能、OSD機能、詳細なデーターロギング機能を搭載しています。
また設定はWiFiを使用してiOS搭載のモバイルデバイスからリアルタイムに遠隔設定が可能です。

プロポは日本国内仕様のフタバ製品をご使用いただけます。

P1000270

IMG_4722

IMG_4728

P1000277

6S9000mAh x 2本、M5+α7+Connex搭載で、15分以上の飛行が可能です。

予約は2015年4月20日から承ります。
なお、出荷開始は2015年6月を予定しております。

 


« Freefly MIMIC (beta)
Freefly’s 2015 Product Preview Party »