カールツァイス・シネマイザーOLED

Posted on by on 8月 2nd, 2013 | 0 Comments »

海外ではFPVなどで類似のビデオグラスが広く普及しているようですが、
国内では手軽かつ合法的な画像伝送装置がないことから、あまりポピュラーではありません。
マルチコプターでの撮影時は、小型のLCDを使用しているケースがほとんどほとんかと思います。

今回評価させていただいた、カールツァイス・シネマイザーOLEDは
ヘッドマウントディスプレイと呼ばれるゴーグル内に、有機LED ディスプレイ(870 x 500 pixel)を2個搭載して、HDMI 1.4 準拠720p/1080pを表示可能です。

IMG_7804

体感的なディスプレイサイズは約40インチに相当するそうで、
有機LEDの採用により、明るく鮮明なハイビジョン映像を見ることが可能です。
おそらく、日中の野外でも問題なく映像の確認が行えるかと思います。

IMG_7806
また、グラスの重量が約120gと軽量な点も機動性に貢献するので、
今後、撮影用モニターの選択肢のひとつとなるのではないでしょうか。

IMG_7801

Cinemizer OLED multimedia video glasses - X-RAY

Mit dem cinemizer OLED sich als Pilot fühlen. ¦ Feel like a pi

cinemizer_oled_QG_japanese


« 6s8000mAh 35C-70C EC5タイプ リリース
T-Motor カーボンプロペラ 新バージョンが入荷しました。 »