AutoQuad Open Source Project

Posted on by on 12月 4th, 2012 | 0 Comments »

2011年に設立した、比較的新しいクローズドハードウェアを使用したオープンソースプロジェクトのAutoQuadに興味をもっています。

最新のV6.6では自動離陸にウェイポイントやPOIなどの機能が実現できており、飛行安定性も高そうです。

YouTube Preview Image

そこで、まずは使用してみよう!と思いボードを入手いたしました。

入手したボードはコネクター類の実装を自分で行う必要があります。

プロセッサーは32ビットの1MB  Cortex M4 STM32F407

オンボードでuBlox LEA-6T GPS moduleを実装しています。

ボード表面のセンター部には

  • X,Y Mag: HMC6042
  • Z Mag: HMC1041Z
  • X,Y Gyro: IDG500
  • Z Gyro: ISZ500
  • Accel: ADXL325
  • Pressure Sensor: MP3H6115A
などが実装されています。

こちらオプションのGPSシールド、MKのものとほぼ同じです。

ハンダつけでつなぎ合わせます。

これでボードとGPSセンサーは準備完了です。

さてテスト用プラットホームは何にしましょうか….. 空いている機体がありません….

 

 

 

 


« 曲がり隊!CUP 2012の動画です。
Metal clamps for Cinestar gimbal のリリース »