L社様向けCinestar6 製作状況 その2

Posted on by on 11月 4th, 2012 | 0 Comments »

L社様向け CineStar6 の製作状況です。

ランディングスキッドにオプションのエクステンダーを取り付けました。
これを取り付けますとグランドクリアランスが+3cmほど確保できます。
ジンバルに搭載した大切なカメラを地面に接触させないために有効なオプションです。

今回CineStar6に組み合わせるのはベーシックな2軸、CineStar 2Axis Camer Gimabalです。
この組み合わせはシンプルかつ軽量コンパクトで基本性能がしっかりしており堅実な構成です。

2軸構成なので、ジンバルを直接CineStar6のカメラプレートに取り付けます。

2軸でもジンバルの前後調整はしっかり行えますのでご安心ください。

こちらのジンバルもスタビライザーはRadianを使用するので、ロール軸のポテンションメーターを取り外します。

ティルト軸に設置したRadianです。

 

おかげさまでRadianは大好評で入荷してもすぐに在庫がなくなってしまいます。
また本国でも同じ状況で、現在品薄の状況です。

受信機、BEC等を設置して配線作業を行いました。

Radianのファームウェアーを最新にアップデートし、基本のバラメーター設定を行いました。
合わせて送信機側の設定とテストを行い、正常に動作することを確認します。

以上の工程でL社様向けCineStar 2Axis Camera Gimbal + 2Axis Radian は完成いたしました。

 

 

 

あとは機体のいくつかのパーツが入荷待ちです。

 


« LANC インターフェース 入荷しました。
RED One アウトレット!? »