パワーディストリビューションボード

Posted on by on 10月 22nd, 2012 | 0 Comments »

マルチコプターはご存知のとおり、ESCとモーターがHexの場合は6組、Octなら8組必要になります。
特にプロ向けの業務機では、より大きなカメラを搭載するために比較的大きなものが使用されます。

このため大容量なバッテリーからESCへの配線まわりは、とても大容量な分配と配線が必要になります。

一番ベーシックなものは、下のように配線を単純に分岐、分配するものです。

この方法はセンタープレート部への配線収納性が悪いので、
最近は下のようなパワーディストリビューションボードを使用するケースが一般的でした。

しかし、機体の大型化と、より重いペーイロードに対応するために、更に大容量化が必要となり、
このボードを2枚使用する場合もありました。

最近、大容量なパワーディストリビューションボードが各社より発売されています。

Power Hungry 社の400A パワーディストリビューションボード

Droidworx社 320A Power distribution board 8

 

これらを使用することで、電源の安定供給と保守性も向上します。
弊社でも積極的に採用していきたいと考えています。

ちょうどDroidworxのパワーディストリビューションボードが入手できましたので、
弊社デモ機へ実装しテストを行ってまいります。


« ビデオα 11月号に特集記事が掲載されます。
GoPro HERO 3 Black Edition – Unboxing – Review »