CineStar8の調整飛行

Posted on by on 10月 1st, 2012 | 0 Comments »

最近、営業活動が多忙だったため、ご無沙汰していたテスト調整飛行に行ってきました。
台風一過の晴天です!
時折4,5m/s程の風がありましたが、概ね良好な天気でした。

デモ機のCineStar8+3Axis Gimabal 超重量級ヘビーロード仕様ですが快調に飛行します。
この機体に実装されているモーターは610wで、合計では4880wとかなりパワフルです。
まずは6S8000mAhシングルLipo仕様で飛行テスト


こちらは6s5000mAh x2 ダブルLipo仕様


本日搭載のカメラ役(!?)でリポを搭載。重さ1250g強。EOS5程度のDSRL搭載を想定してテストです。

このぺロード状態で
6S8000 約6分の飛行で残量40%ちょい。
6s5000 x 2 約7分の飛行で残量50%ちょい。
それぞれ最大8分、10分というところが目安でしょうか?

他にもいくつかの確認したい点があり、ホバーリング中心に7フライト程テスト飛行を行いました。
機体側の設定と確認事項はほぼ完了し、RadianのパンのGain調整が宿題となりました。
明日は長野へ入り事前テストを行い、明後日に雑誌取材でこの機体の飛行シーンを撮影予定です。

 


« 7LineMediaさんの2012最新デモリール
Yonder Blue Filmsさんのインドアフライト動画 »