CineStar8 組み立てその1

Posted on by on 9月 9th, 2012 | 0 Comments »

まだ調達部材が一部ないのですがデモ用のCineStar8の組み立てを開始しました。
まずはボトムプレートに32本のボルトと32個のクランプを通しました。

次は、トッププレートにバッテリーマウント用とコントローラーマウントベース用のスタッドを取り付けました。

トップとボトムプレートを合体します。インサートナットがプレートについているのでHexだけで簡単に組み立て出来ます。

こちらが、FreeFlyが特許を持つ優秀な振動吸収ダンパーです。

シリコンリングで機体とジンバルを完全にフローティングマウントします。

場合によりリングの素材、本数を変えてダンピングの特性を調整可能です。

ボトムプレートを裏側から撮影しています。
フレームに取り付けられた4つのダンパーです。
各ダンパーの両側に機体よりフローティングされた黒のスタッドがあってそこにジンバルのマウントベースを固定します。

今回使用するモーターやスピードコントローラーがまだ空輸中のため今日の作業はここまでとしま。
&作業中止を自己主張する方もいるようなので……(笑


« CineStar 3-Axis Upgrade Kitのパッケージを開けてみよう!
赤の白黒!?RED-EPIC-M monochrome »