Zero UAV YS-X6 Auto Pilot 評価用ユニット到着 

Posted on by on 8月 10th, 2012 | 0 Comments »

Zero UAV YS-X6 Auto Pilotの評価用ユニットが到着しました。

どことなく色やイメージがDJIのWookong-Mのものと似ています。
パッケージの中のユニット配置まで良く似ています。

各ユニットはWookong-Mに比べてひとまわり大きいサイズです。
あまり小型の機体には搭載が難しいかな…とういう印象です。
最初はF450クラスへ搭載してテストしようと思ってましたが、難しいかもしれません。
最低でもF550クラスが必要ではないかと思います。

付属品その1です。

基本的にはWiFi接続で設定を行うようですが、 FirmwareのアップはRS232C接続を使用するようです。
今時のパソコンってRS232Cポートありましったけ? これはUSBにしてもらいたいですね。

GPSアンテナの台は、ねじ式で分割が可能です。DJIのものは接着式で、分解できませんので、こちらの方が携帯する際は便利だと思います。
ただし、センシティブなGPSアンテナの方向設定が脱着でどう影響するか、が気になるところです。

 

付属品その2です。

右側のラベルシールが嬉しかったりして….
いつも手書きのシールを貼っておりました。

では実機に搭載して評価テストを進めてまいります。

 


« データーロガー「RC Logger」の導入
YS-X6 WiFiモジュールの接続に悩む »