データーロガー「RC Logger」の導入

Posted on by on 8月 9th, 2012 | 0 Comments »

最近は、機材や設定の評価のためのテスト飛行を行う機会が多いです。
評価の際、マルチコプターに計測器を搭載して正しいデータを取得することが重要です。
しかし、100グラム単位のペイロードが飛行に大きな影響を与えるため、重量のある計測機の搭載は難しいのが現状です。

小型軽量で汎用的に使用でき、精度の高いデーターロガーを探していました。
そして、このRC用ロガーを使用してみることにしました。
名前はそのものずばり!RC Loggerです。

動画と合わせてGPS、温度、電圧、標高やジャイロデータなど、とにかく沢山のデーターが取れます。
各測定ユニットはマッチ箱サイズと小型です。 この点も良いと思います。

このロガーを活用して、より客観的で正確な評価結果が得られることを期待しています。


« iPhone iPadでグランドコントロールステーション!?
Zero UAV YS-X6 Auto Pilot 評価用ユニット到着  »